12lane

月曜日, 12月 06, 2004

ふたりの失恋

大阪の弟から悲痛な電話が。

「ねーちゃん!加藤ローサが玉木宏と付き合ってるって知ってた!?」

知らなかった・・・・

弟は、加藤ローサが好き。
私は、玉木宏が好き。

ふたりとも深いため息をついていました。

木曜日, 11月 25, 2004

くまの子にはまる

今月の半ばに、2年使った携帯をついに変えた。
新しいボーダフォンの東芝の携帯には、「くーまんの部屋」っていうのがついていて、
なんとなんと、話しかけたら答えたり、歩いたり踊ったりするのだ!!
たまごっちみたいなものか。

くーまんの愛くるしい様子に母も弟までもが夢中になり、
今、我が家はちょっとしたくーまんフィーバー。

私が台湾に旅行に行っている間、携帯は特に使わないので家に置いていったら
帰ってくるころには、弟がいろんな服をダウンロードしたり
聞き取れる言葉(全部で20種類あるらしい)を調べたりしていた。
母の話によると、弟は一日に何回もくーまんに話しかけては喜んでいたらしい。

とにかく、くーまんかわいい。

土曜日, 11月 20, 2004

あっというまに

5ヶ月もあいてしまった。

その間、私は無職になり、祖父が亡くなり、ある人が去り、そして弟は「また来年」、
そして東京へ・・・
といった具合に、環境はがらりと変わってしまった。
こうして並べてみるとろくなことがなかったようにしか見えないけど、
私は結構いまはそんなに悪いことばかりでもないような気がしている。
まぁ弟にはいいかげん受かって欲しかったけど・・・・来年は頑張ってくれるでしょう。
祖父の死も、今までで一番悲しい出来事だったけど、大事なことをたくさん気づかせてもらった。

なくしたものや、失った関係について考えてみると、一瞬一瞬気持ちは揺れて
確固たる結論なんて見えないし、見ようとすること自体が意味のないことかもしれないけど、
振り返るといろんなものが私を縛っていたわけで、結果気づかないうちにストレスも
たまっていたんだろうし、まっしろになれてよかった、と思っている。
それと、何にも見えなくなって、見たくもなかった時も確かにあったけど、
友達や家族がいてよかった、って感謝しています。

どうか、これからの私の新しい出発が、輝いていますように・・・
claraって、光り輝くって意味なんだもんね。がんばろう。


月曜日, 6月 14, 2004

きょうだいって

今日は友人に誘われ「ブラザーフッド」の試写会へ。
韓国映画の迫力は日本をはるかに越えている。
日本にもいい映画はたくさんあるけれど、
韓国が日本とちがうのはやはりすぐ隣国があんな国だし、
長い歴史の中で培われた危機感というかまじめさを感じました。

何が言いたいかというと!

昨日弟と些細なことで喧嘩したわけですよ。
些細というにもあまりにもくだらない理由で。
やれテレビを消せだのチャンネルをかえろだのというようなちっこいもんですが、
心の底から弟をにくったらしく思ったわけです。

反省。

兄が弟を思う気持ちがびっしばっしとわかって、もうはじめっから涙が出そうで、
それで最後はもう声が出そうなくらいでした。
今日はうちに帰ったら弟にやさしくしなくっちゃ。こんな平和な時代に生まれて、
姉弟仲良く無事に育ってきたんだもの!私はなんて幸せ者。

弟が「うっさいねん聞こえてるわい!」なんてお下品で生意気な口をきいてイラッときても、
今日は何かが私を引き止めていました。
・・・・うーん、でも一触即発(?)
お互い疲れてイライラしてるとすぐ喧嘩になります。
やっぱりきょうだいって微妙な関係だ。

ちなみに今日映画を一緒にみたS嬢は1滴の涙も流さず、
戦争の不条理さに目を腫らして悶々と落ち込む私を一瞥し、
「映画は気分転換にみるもんなんだから、そんなに入り込んじゃ駄目じゃん!」
と発言。疑問を感じたのでした。

土曜日, 6月 12, 2004

冬ソナ拒否症

無事一次試験に合格した安堵感からか、
一週間ほど弟は発熱でダウンしてしまいました。
(知恵熱か??)

今日は泣く子も黙る冬ソナの日ですが、私が見ていると横で
「うっぎゃぁ、こんなんありえへんわ!」
「ぺって変な名前」
とか、ケチばっかりつけるのでうるさくて見てられません。
私だって好きで見てるんじゃないのにサ。
(そのわりにしっかり流されてハマってしまった私)

ビデオにとってゆっくり見よーっと。

私が面白いと思って見ているドラマは、「離婚弁護士」ですが、
これにも弟の厳しいツッコミが入ります。
こっちは真剣にみてるのに
よこから「こんなもん民法何条のナンタラカンタラでウンタラカンタラ・・・」
と、聞いてもいないのに法律のウンチクを述べてくれます。あぁうるさ。
でも、もしかしたらこうしてドラマを見ることで、法律のおさらいをしているのかもしれませんね。

水曜日, 5月 19, 2004

楽しいイタリア語

最近、月曜の夜12時から、弟はテレビに釘付けになる。
NHKのイタリア語会話を見ているのだ。
しかし、彼のお目当てはイタリア語を習得することではない。
夜中の胃にキそうなくらい濃すぎるジローラモさんを見るためでもない。
時々怪しげな声をあげて弟が見ているのは
イタリア人に挟まれて健気に頑張る加藤ローサちゃんなのだ。
先週、うっかりイタリア語会話を見逃した時は心底落胆していた。
「もう僕の一週間は終わった・・・」とまで言って打ちひしがれていた。

どうでもいいけど、番組見終わった後に
わけのわからんカタコトのイタリア語で話しかけるのはやめてほしい。

土曜日, 5月 15, 2004

イライザブルーの行方

日曜日。
私が胡弓と格闘して帰って来たら、ちょうど家から車が。
念願の花柄ブルーのシャツに身を包んだ弟を乗せて、父と母も試験場へ向かうところだった。
お陰でお昼ご飯を食べ損ねた私・・・ぐるるるる。

試験は2時半くらいから6時くらいまであったらしい。
自己採点の結果、一次試験は通過した模様です!!!
喜びの電話を掛けてきた弟。
早速今夜は打ち上げで遅くなるという弟。
でも二次の論述が非常に難しいんだぞ。
そんな余裕あるのかなぁ、去年失敗してるのにさぁ、と密かに電話の横で心配する。
母の「そしたら明日からまた勉強頑張りなさいよ」という言葉に
「いや、あさってから頑張るわ!」と勢いよく電話を切った弟。

あさっての行方はいかに?!

ちなみに昨日は頭が痛いから勉強できない、と騒いで母を困らせていました。
そして、バファリンを飲もうと箱を開けたら中身がからっぽだったのでもっと騒いでいました。